乾燥とたるみの原因


もともと肌が乾燥しやすい方もいますが、以前では普通肌だったのに、徐々に年齢を重ねていくにつれて肌の乾燥が気になるようになってきたという方もいることでしょう。肌が乾燥するとかゆみなどが起きる場合がありますが、これ以上に困ったことはたるみが起こってしまうということです。肌の弾力性が失われていき、同時に肌のたるみが起こってしまうようになります。たるみの原因となる乾燥は主にどういったことが原因で起こるのでしょうか。

肌の乾燥の主な原因は真皮層にあるヒアルロン酸の減少によって起こることが挙げられます。ヒアルロン酸には保水力があり、十分な水分を抱えることができます。20代の頃まではこのヒアルロン酸が多く真皮に存在しているので肌もしっとりと潤った状態を保っています。しかし加齢によってヒアルロン酸が減少をしていき、それによって肌が乾燥していくようになります。これが主な乾燥の原因です。この状態を放置していると乾燥は一層進行し、肌の弾力性がより失われていき、たるみが深刻になっていきます。

ヒアルロン酸の減少の原因として加齢の他に紫外線によるもの、食生活の乱れも原因として挙げられます。紫外線は年間を通して地上に向かって降り注いでいます。そのため常に紫外線から肌を守らなければなりません。それが不十分だと紫外線によって肌がダメージを受け、またヒアルロン酸が減少をしていきます。より乾燥を促進するようになってしまいます。さらに健康的な食生活を送ることができず、乱れた食事を繰り返していたり、ビタミンやミネラルなどの栄養の補給が足りないと健康を損ねたり、同時にヒアルロン酸が減少してしまったりするようになります。